風俗ナイト!

風俗はいつの時代も、男と女のコミュニケーションの場。それは永遠に変わりません。

女の子のフィニッシュホールドはフェラチオ

投稿日:2016年7月25日

女の子のフィニッシュホールド3人も入ればいっぱいになるような待合室で待つこと5分くらいで廊下で待っているヘルス嬢とご対面です。すぐにプレイルームへ入ってプレイスタートです。入室後、トークしながら服を脱いでシャワールームへ移動します、共同のシャワールームは店には2つあるのですが、片方は女の子専用のようですね。これはまあ当然だと思います。狭いシャワールーム内でちんこを綺麗に洗ってもらって最後にフェラチオでカチカチになってプレイルームへ移動です。ベッドでディープキッスから、あまりに私のタイプの女の子なので我慢できずにやや小ぶりながら綺麗なおっぱいにむしゃぶりつきます。女の子の感度はなかなか良くて、いい感じでよがってくれます。クリトリスを舐め回すともうぐちょぐちょに濡れまくって、指入れでさらに手マンすると軽く逝ったみたいです。ここで攻守入れ替わりでヘルス嬢に攻めてもらうとなかなかツボを得たようなフェラチオで私も悶絶しました。

肛門攻めには弱い

ヘルス嬢はもう我慢出来ないとばかりにフェラチオを始めました。これがソフトなのにツボを心得たハードそのもので、限界まで我慢していた私は懇願するようにストップしてもらって、シャワールームを出ました。プレイルームに戻ると長いディープキッスから始まり、ねっとりとした全身リップで、うつぶせから四つん這いになって肛門もヒダヒダのところも舐めてくれます。悶絶していると、さらにベロを硬化させて、肛門の中にねじ込んできます。それが何とも言えずに快感で悶絶してしまうのです。ちんこの先からはガマン汁が噴出して、もうどうしようもない状態なので、女の子に出したいというと、そのままの体勢で乳搾り手コキが始まりました。仕留めにかかっているので遠慮なく高速手コキしてくれます。これがもう悶絶するほど気持ちがよくて、めくるめくような快感の中でザーメンを大量に発射して、あとはもう打ち止めになりました。肛門にはすでに指が同時に2本入るくらいの開発のされようらしいです。